毎日に青汁をプラスすると良いことたくさん!

早朝に摂取したほうがよい理由

皆さんは青汁を飲む時間って決まっていますか。
飲み続けている方は、ある程度同じ時間帯に飲んでいるでしょう。
その時間帯はどのように決めているのでしょうか。
いろいろ考えてその時間帯に飲んでいるという方もいますが、ただ何となくこの時間に飲んでいるという方は少しもったいない気がします。
実は早朝に摂取することで身体に対してよりよい効果が期待できます。
そこで今回は早朝に青汁を摂取したほうがいい理由を説明していきます。

人間の身体は睡眠中にエネルギーを消費していますので、寝起きはエネルギー不足なのです。
朝ごはんをしっかり食べないと体も頭の働かないという言葉を聞いたことがありますよね。
これは先ほどお話ししたエネルギー不足が原因で起こっている問題です。

エネルギー不足ということは身体がエネルギーを欲している状態ですので、栄養価の高い青汁を早朝に飲むと、昼間や夕方に飲むよりも栄養の吸収率がスムーズになり、エネルギー補給が行われます。
そのため1日をより快適に過ごすことができます。

また朝起きたら口の中がネバネバしていて喉が渇いていますよね。
寝起きは身体が水分不足で、血液もドロドロの状態です。
普通に水を飲んで水分補給でも問題ありませんが、青汁を飲むことで栄養補給と共に、より血液がサラサラになりますので青汁がおすすめです。

青汁には食物繊維が含まれていますので、腸の働きを活性化させる作用があります。
少し便秘気味の人は早朝に青汁を摂取することで便秘の解消に繋がります。
夜に青汁を摂取すると寝るときに腸の働きが活性化されてしまい、睡眠障害になるかもしれませんので気を付けましょう。

以上が早朝に青汁を摂取したほうがよい理由です。
やはり朝にエネルギー補給を行わないと1日身体がだるかったり、頭が働かないということになってしまいます。
青汁だと時間がなくても、飲むだけで栄養・エネルギー補給ができますのでとてもおすすめです。
便秘解消などは1日飲んだからといってすぐに効果が現れるわけではありませんので飲み続けることが大事です。
早朝に1杯の青汁を飲んで快適な1日を過ごすようにしましょう。