毎日に青汁をプラスすると良いことたくさん!

手軽に美味しく「青汁バナナ牛乳」

ご飯を食べないといけないけど時間が全然ない! そこで今回は簡単においしく作れて身体にもいい「青汁バナナ牛乳」を紹介していきます。

用意するもの
・粉末青汁 1包
・バナナ  1本
・牛乳   200ml

作り方はとても簡単。
上記の材料をミキサーに入れ混ぜるだけで完成です。
もし小さいお子さんにも飲ませたいと思っているなら、はちみつなどを入れ甘さを引き立たせると、より飲みやすく仕上がります。
ミキサーではなく、バナナを細かく刻んで、スプーンなどを使って混ぜると、バナナの本来の食感を味わえるので、また違ったおいしさや楽しみ方ができます。
バナナと青汁と牛乳の組み合わせというのは、青汁の特有の味や青臭さがバナナと牛乳によってまろやかになっており、それだけでもとても飲みやすくなっています。

バナナを1本食べた場合のカロリーは86キロカロリーと低カロリーなので、ダイエットにも有効です。
またたくさんの栄養素が含まれていますので、身体にも大変いい影響を与えてくれる食材となっています。
特に注目したい栄養素はタンパク質とビタミンB6です。
ビタミンB6にはタンパク質をエネルギーに変える効果がありますので、体内に入ったタンパク質が、すぐにビタミンB6によってエネルギーに変換され、体内に運ばれていきます。
バナナを食べればすぐにエネルギー補給できるといわれているのは、この2つの栄養素のおかげです。
実は青汁にもタンパク質とビタミンB6が含まれているので、この二つを組み合わせることによって倍のエネルギーが体内で生成されます。
朝に時間がない人には大変おススメの飲み物となります。

異色の組み合わせのように思いますが、手軽に作れて即効性があるため、時間がないダイエッターにこそ試していただきたい飲み物です。