毎日に青汁をプラスすると良いことたくさん!

青汁の気になるカロリー

青汁でダイエットを始めたいと思っているけど、やっぱり気になるのはカロリーですよね。
せっかくダイエットするのだからできるだけカロリーを抑えておきたいと思うでしょう。
そこで今回は青汁のカロリーについて説明します。

青汁は100gあたり約7~17キロカロリーとかなりの低カロリーです。
それなのにビタミンやカルシウム、ミネラル、食物繊維といった栄養素が豊富に含まれていますので、生活習慣病予防などの健康管理やダイエットには最適な商品です。

100gあたり7~17キロカロリーといわれてもピンとこない方は、ほかの飲み物と比較してみましょう。

・トマトジュース      100gあたり17キロカロリー
・野菜ジュース       100gあたり29.2キロカロリー
・グレープフルーツジュース 100gあたり38キロカロリー
・コーラ          100gあたり45キロカロリー

トマトジュースは青汁より少し高いだけですが、その他のジュースと比較してみると青汁のカロリーがとても低いということが分かります。
そしてこれは100gあたりの量ですので、実際は一日200g程度摂取すると考えると、単純に上記の数値の倍になります。
つまり青汁とコーラで比較した場合、約76キロカロリーの差がありますのでこれはかなり大きいといえるでしょう。

しかしこの数値は水で青汁を飲んだ場合の数値です。
水で飲むと飲みにくい場合に牛乳やヨーグルトに混ぜて飲む人もいますが、その場合は牛乳やヨーグルトのカロリーが追加されてしまいます。

・豆乳    100gあたり45.9キロカロリー
・低脂肪乳  100gあたり46キロカロリー
・ヨーグルト 100gあたり61.9キロカロリー
・牛乳    100gあたり66.9キロカロリー

上記の飲料に混ぜた場合、青汁のカロリーに上記の数値がプラスされますので、カロリーとしては高くなります。
しかし飲めないものを無理に飲むのはかえってストレスの元となりますので、ダイエット中の人は豆乳や低脂肪乳に混ぜると少しでもカロリーを抑えることができます。
それでもできるだけカロリーを抑えたい人は、青汁のタブレット型をおススメします。
これなら一日二錠で2~3キロカロリーですので、カロリーを気にせず飲むことができます。

青汁は低カロリーですが、他の飲料に混ぜるとカロリーは上がってしまいます。
ダイエット中の方には少し気になってしまうかもしれませんが、青汁を摂取することで代謝がよくなりますので、ダイエットにはとてもおススメの商品です。
またダイエットと共に健康維持にも効果がありますので試してみましょう。

こちらには青汁ダイエットが優れている理由が掲載されております。