毎日に青汁をプラスすると良いことたくさん!

青汁を飲むと便が緑色になる?

みなさんは便の色に関して気にしたことはありますか?
よく青汁を飲んでいる人から青汁を飲み始めてから便が緑色になったなどの話を聞くことがあります。
実際にそんなことがあるのか疑問に思う人もいるので、本当はどうなのかという事を説明していきます。
結論からいいますと、青汁を飲むと便が緑色になる場合があります。
しかし飲んだからといって必ず緑色になるとは限りません。

緑色になる主な原因として挙げられるのは青汁に含まれる「葉緑素(クロロフィル)」という成分です。
このクロロフィルですが、実は体内に吸収されない成分となっていて、それがそのまま便で排出されるので緑色の便がでてきます。
体内に吸収されなければ何の意味のもないのではないかと思う人もいますが、身体にとってはとても重要な働きをしてくれます。
クロロフィルが便として排出されるために小腸と大腸を通過していきますが、その通過する際に溜まっている老廃物を一緒に排出してくれる効果がありますので、腸を綺麗にしてくれます。
クロロフィルにはほかにもさまざまな効果があります。

血液中のコレステロールの排出を促進

血液中のコレステロールを排出することで血行が良くなり動脈硬化や高血圧の予防になりますので、生活習慣病の予防にも繋がります。

抗酸化作用

活性酸素を取り除くことで老化対策ができ細胞の活性化を促進するので、けがや病気の治癒が早くなります。

便秘解消・消臭効果

腸の老廃物をデトックスさせることで便秘の解消に繋がり、便秘が解消されると口臭・体臭・便臭などのニオイも改善されます。
クロロフィルは体内に吸収されない成分ですが、その他のビタミンなどの成分はしっかり体内に吸収されるので安心してください。
青汁を飲み始めて便が緑色になったという事は、しっかりとクロロフィルが体内に入ってきて様々な老廃物を排出してくれている証拠ですので、特に気にすることはありません。
逆に青汁を飲んでも緑色の便が出ないという人もいますが、それはクロロフィルが含まれていないのではなく摂取量や摂取する時間帯によってたまたま出ていないだけですので、無理に量を増やしたりしないようにしましょう。

今まで便の色で気にしていた人はこれから気にしなくていので、しっかり継続して健康な状態を維持していきましょう。